About Us
会社概要

欲しいをカタチに。

あなたが欲しいシステムを、ストレスなく”カタチ”にできたなら。

私たちリレイスは、長年の経験で培った確かな設計力で、
そんなあなたの希望にお答えします。

さあ、ITシステムを活かした働きやすい未来を手に入れましょう!

Our Vision

豊富な技術と
やわらかい発想で
企業発展に貢献する

こんなお悩みございませんか?

一気通貫で
システム開発を任せたい

リレイスなら要件仕様定義から開発まで一気通貫して行えます。複数の開発会社に依頼して進行管理が煩雑になることはありません。

新規事業のアイデアを
カタチにしたい

アイデアをもとに要件仕様定義を作成するのはリレイスの最も得意とする領域のひとつです。言語化されていない”欲しい”もカタチにします。

必要な予算・機能が
わからない

開発前の段階で入念にヒアリングをすることにより、ご予算に合わせ必要な機能を取り入れ、希望に沿ったシステム開発をご提案致します。

サービス内容

Services

新規事業の立ち上げサポート

リレイスでは、まずシステム要求の聞き出し、お見積もりまでの工程をとても大切にしています。
お客様のご要望をシステム要求として的確にまとめ、予算に合った開発技術を選定し、開発プロジェクトを遂行することはリレイスの一番得意とするところです。

DX推進のサポート

業務のDX推進が求められる昨今、リレイスでは多数の企業のDX推進部と提携し、既存事業のDX化のプロジェクトに継続的に関わり、企業発展に近年必要とされるデジタル推進業務に携わっております。
何からすれば良いのかわからないというケースにもご対応しております。

既存プロジェクトのマネジメント

様々な要因によりシステム運用が困難になったケースでも、お客様に合った最適なマネジメント体制を整え、サポートいたします。
リレイスでは、運用中のシステム改修や保守などの引き継ぎにも対応しております。

ウォーターフォール開発

上流の工程から下流の工程へ順にシステム開発をおこなっていくモデルのことです。
各工程を順を追って計画的に進めていくため、進捗状況の把握が容易になる、品質が担保しやすいといったメリットがあります。
スケージュール管理が必要となる大規模なシステム開発に向いている一方で、スピード感重視の新規事業にはあまり向いていません。

アジャイル開発

アジャイル(Agile)とは、直訳すると「素早い」「機敏な」と言う意味で、アジャイル開発とはスピード感のある開発方法を指します。
全体を作りながら随時変更や修正を加えていくのが特徴で、素早く成果物が欲しい場合や、要件定義が明確にできていないがとりあえず作ってみて随時修正をしたい場合に最適な開発方法です。

製品開発

クローズドベータで得られた成果をもとに、システム完成まで継続的に開発を進めていきます。

新しい機能を追加開発する場合は、既存機能の応用を検証した上で、過不足ない機能を目指し段階的に開発を進めていきます。

クローズドベータ版開発

クローズドベータ版開発の段階では、システムの核心となる機能に限定し検証を行います。

必要最小限の機能と限られた人数で利用することにより、核心となる機能に対して検証やや軌道修正を行うことが可能となります。

PoC(概念検証)開発

PoC(Proof of Concept)とは、新システムのアイデアの実現は可能かを検証する工程のことです。

PoC開発の段階では、後の修正が難しい要素に対して、簡易的なデモ版を作り、システムのユーザー体験(UX)を試します。

開発管理専用のポータルサイト

リレイスではお客様との間で開発プロジェクトに関連する情報を一元化した管理するためのツールとして、開発管理用のポータルサイトを作成しご提供しております。

※画像は開発管理用のポータルサイトの一例です。