システム開発・アプリ開発・HP制作のご相談はこちら お問い合わせ
株式会社リレイス
DX

DXコンサルティングとは?役割やメリット、受けるべき企業の特徴を解説

DXコンサルティングとは?役割やメリット、受けるべき企業の特徴を解説

「DXコンサルティングって何をしてくれるの?」「DXコンサルティングを受けるべきか悩んでいる」とお困りではありませんか。

DXコンサルティングとは、​​基本的には自社以外の専門的な企業によるコンサルティングサービスのことです。

近年、ますます重要視されている企業のDXの手助けをしてくれます。

そこで本記事では、DXコンサルティングの役割やメリット、注意点、どのような企業がコンサルティングを受けるべきかについて詳しく解説します。

DXコンサルティングとは

DXコンサルティングとは、基本的には自社以外の専門的な企業によるコンサルティングサービスを指します。

経済産業省が2018年9月に発表した「DXレポート」では『2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある』と発表しています。

そもそもDXとは何のことでしょうか。

経済産業省の定義では、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とされています。

DXについて詳しく確認したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

しかし、IPAが2021年10月に発表した「DX白書2021」によると、日本でDXに取り組んでいる企業は、約56%、取り組んでいない企業は、約34%という状況にあります。

そこで外部からの支援を得て、DXを推進するDXコンサルティングの需要が高まっているのです。

DXコンサルティングの役割

テクノロジーや経営に対する豊富な知見をもってアイディアの着想からビジネスの構築までのアドバイスを行い、DX推進をサポートするといった役割があります。

DXコンサルティングの進め方は、以下のとおりです。

ビジョン策定

企業の理想と現状を比較して抱える課題を洗い出し、どのようなDXを行っていくべきかビジョンを策定する

戦略立案

全体の方向性やスケジュールを出す

現状の把握

部門ごとに現状の分析を行って、企業全体として取り組むべき改善点を洗い出す

タスクの優先順位の決定

難易度や業務への影響、コストなどからDXに取り組む優先順位を決定し、スケジュールに落とし込む

業務のデジタル化

ペーパーレスや手続きの簡素化など、簡単なことから業務のデジタル化を推進する

ビジネスモデル全体のデジタル化

稟議フローや勤怠管理、経理処理、電子契約など、ビジネスモデル全体のデジタル化を推進する

組織・カルチャー変革

組織やプロセスを再編成して、業務そのものの見直しを行って働き方改革を企業全体で行う

人材育成

業務のデジタル化をしても遂行できるよう、スキルの定着のために研修を行う。

以上のような一連のプロセスを経て、企業のDX推進をサポートします。

DXコンサルティングのメリット

DXコンサルティングを受ける大きなメリットは、第三者目線で企業の成長を手助けしてもらえることにあります。

まず、社内にDXに関する専門知識を持っている従業員がいなくても、ノウハウを取り込めるようになります。

コンサルティングを受けることで従業員にスキルが伝授され、DX人材の育成が可能です。

また、深い知識を持つ専門家から客観的な意見をもらえることは貴重でしょう。

ほかの多くの企業を見てきた専門家だからこそ見つけられる企業の武器や改善点と向き合うことで、大きく成長するチャンスとなります。

さらに、企業内の情報の整理と可視化ができることもメリットです。

専門家によって自社のDX推進状況や課題が整理されることで、社内での議論も進めやすくなるでしょう。

DXコンサルティングを受けるべき企業の特徴

DXコンサルティングを受けるべき企業の3つの特徴を紹介します。

これらの項目に当てはまる場合は、積極的にDXコンサルティングを受けることを検討しましょう。

社内でDX人材が不足している

社内にDX推進をできるような人材がいない場合は外部の専門家を頼ることをおすすめします。

IT分野・デジタル分野に強い人材がいなければ企業のDXの達成は難しく、新たに人材を探して採用したり、自社で育成しなければなりません。

その時間と労力を考えると、外部のコンサルティング会社の協力を得た方が効率よくDXを進められます

DX関連の新規事業を検討している

既存事業がうまくいっておらず、ITを絡めて何か変化をおこしたいと考えていたり、または既存事業に付加価値をつけて新たな新規事業を生み出したいと考えている企業にはDXコンサルティングはおすすめです。

また、今は事業がうまくいっていても、維持しているだけではいずれ衰退してしまいます。

既存事業を発展させて新しい事業に挑戦していきたいと考えていても、具体的な方向性や手法で悩んでいるのであれば専門家からの助言が役に立ちます。

そのため、新たな事業立ち上げを検討をしている企業は一度DXコンサルティングの導入を検討してみても良いかもしれません。

DX推進に必要なシステムの実装ができない

システムの実装がそもそもできていない企業もDXコンサルティングを外注するのがおすすめです。

せっかく新規事業の構想があったり業務の効率化の案があったりしても、システムを実装させられなければ実践することはできません。

考えていることを具体化するためには、適切なシステムの構築が必須です。

社内にシステム開発できるリソースがないのであれば、コンサルティングに加えてシステムの設計や実装のサービスまで依頼しましょう。

また、データの利活用ができていない企業は外部に依頼することで、社内のITリテラシーが向上するといったメリットを享受できるでしょう。

DXコンサルティングを依頼する際の注意点

DXコンサルティングを依頼するときには、注意点もあるため気をつけましょう。

まず、コンサルタント任せっきりにするのではなく、自社が変わろうとする意識を持つことが大切です。

任せっきりにしてしまうと、せっかくコンサルティングを受けても社内で定着せずに「何も変化がなかった」と時間とお金を無駄にしてしまいます。

また、コンサルタントが必ずしも正しいとは限りません。

コンサルタントはあくまでもDXに関する専門家であり、業界の知識に乏しいかもしれません。

どのような企業を理想とするのか、どのような価値を顧客に提供していきたいのかといった企業としての軸はブレないようにしましょう。

企業の思い描く方向とは違う方向へ進んでしまうことのないよう、注意しなければなりません。

依頼して満足してしまうとDX推進の失敗の原因となるため、自社としての意見を明確にしてコンサルタントとは密に打ち合わせを繰り返し乖離のない状態でDXを進めましょう。

さらに、費用面においても注意が必要です。

依頼時に見積もりをしてもらったものを元に予算を組んでいても、コンサルティングを受けるなかで問題点が見つかったり根深かったりすると、分析や解決策の提案に時間や人件費がかかることもあり得ます。

追加費用が発生することも珍しくないため、予算は多めに確保しておくようにしましょう。

DXコンサルティング会社の選び方

DXコンサルティング会社選びは、社内のDXの成功を左右すると言っても過言ではありません。

2つの観点からDXコンサルティング会社を選ぶようにしましょう。

得意領域で選ぶ

DXコンサルティング会社ごとに得意領域が異なるため、自社の求める領域であるかどうかを確認して選ぶようにしましょう。

主には、以下の3つの領域に分けられます。

  • システム開発
  • サービス・プロダクト
  • 戦略立案

自社の業務や実現したい新しいビジネスモデルの構想は具体化できているもののシステムを開発するリソースがない企業は、システム開発領域を得意とする会社を選びましょう。

また、すでに自社サービスを展開していて、それに合わせてDXを進めたいときは、サービス・プロダクト領域を得意とする会社に依頼することをおすすめします。

そもそも何をDXすれば良いかわからない場合や業務全体の見直しを図りたい場合は、戦略立案から任せられる会社を選ぶと良いでしょう。

開発実績で選ぶ

開発実績が豊富なDXコンサルティング会社を選びましょう。

さまざまな企業のDXを実現している会社であれば、過去の事例を持ち出しながら思わぬ角度からの提案をしてもらえる可能性があります。

ホームページから導入事例や実績情報から、自社と似たような企業の実績があるかもチェックしたいポイントです。

自社が実現したいことを任せられるかどうかを判断するために必要なポイントなので、かならず開発実績を確認するようにしましょう。

おすすめなDXコンサルティング会社

おすすめのDXコンサルティング会社をカテゴリ別に解説いsます。

大手企業の戦略策定に強いDXコンサルティング会社3選

まずは、大手企業の戦略策定に強いDXコンサルティング会社を3つご紹介します。

株式会社マッキンゼー・アンド・カンパニー

株式会社マッキンゼー・アンド・カンパニーはアメリカに本社を持つ外資系の大手コンサルティング会社です。

マッキンゼーでは「DX成功方程式」を公開しているほどDXには自信を持っており、数々の企業のDXを成功に導いてきたノウハウを惜しみなく教えてくれるでしょう。

ボストンコンサルティンググループ

ボストンコンサルティンググループは、アメリカに本社を持つ外資系のコンサルティングファームです。

経営者向けのマネジメントコンサルを得意とし、DXにおいてはさまざまな業界で実績を残しています。

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングは、世界最大規模の会計事務所「デロイトトーマツグループ」のコンサルティング会社です。

経営管理DXはもちろん、DX推進人材の育成・活用に関するアドバイザリーも行っており、幅広くDXに関するコンサルティングを受けられます。

IT開発に強いDXコンサルティング会社3選

IT開発に強いDXコンサルティング会社を3つご紹介します。

株式会社アクセンチュア

株式会社アクセンチュアは、アイルランドに本社を置く外資系大手コンサルティング会社です。

あらゆる業種における経営戦略から業務やIT、デジタル広告など幅広くコンサルティングを展開し、DXに関しては戦略立案からシステムの開発・実装・運用までワンストップで任せられます。

株式会社日本IBM

株式会社日本IBMはアメリカIBMの日本法人で、ハイブリットクラウド・AI・IoTなどの技術を使った製品やサービス、ソリューションを提供する会社です。

アイディアを迅速にビジネス価値に変換するためのITソリューションを開発・提供してくれます。

株式会社リレイス

株式会社リレイスは、イメージしているものの要件仕様の定義から開発までワンストップでお任せできるIT開発会社です。

DX推進サポートでは、何から始めるべきかわからないといった悩みに寄り添ってくれます。

マーケティングに強いDXコンサルティング会社3選

マーケティングに強いDXコンサルティング会社を3つご紹介します。

電通デジタル

電通デジタルは、電通グループのデジタルマーケティング専門の会社です。

デジタルマーケティング領域のコンサルティングや開発・実装、運用・実行までを任せられます。

サイバーエージェント

サイバーエージェントはインターネット広告やゲームのイメージの強いイメージですが、2020年5月にマーケティングのDX推進を目的とする「DX Opportunity Center 」を設立しました。

自社の持つAI技術やシステム開発のノウハウを活かしてマーカティングのDXを支援してくれます。

株式会社リテイギ

株式会社リテイギは、DX専門のシステム会社として2020年4月に発足したオプトデジタルが社名変更した会社です。

2021年9月に社名変更をし、「働く人に寄り添う」ことをスローガンに産業のデジタルシフトをサポートします。

まとめ

DXコンサルティングとは、​​基本的には自社以外の専門的な企業によるコンサルティングサービスのことです。

社内にDX人材が不足していたり、今後DX関連の新事業の立ち上げを検討したり、DX推進にあたって課題を抱えている企業は積極的にDXコンサルティングを活用することをおすすめします。

DXコンサルティング会社は得意領域と開発実績の両面を確認し、自社の求めるイメージを具体化してくれるかどうかを選定のポイントとすることで企業のDX成功に近づきます。

積極的にDXコンサルティングを活用し、自社の事業や業務効率を大きく飛躍させましょう。