システム開発・アプリ開発・HP制作のご相談はこちら お問い合わせ
株式会社リレイス
システム開発

AWS とは?メリットデメリットなどを解説

AWS とは?メリットデメリットなどを解説

クラウドコンピューティングサービスであるAWSは、「従量課金制で必要なサービスのみを選び、低コストでITインフラの整備」に利用できます。

政府や金融機関などもAWSを利用しており、高いセキュリティも強みです。

本記事では、AWSの特徴や具体的なサービスについて詳しくまとめています。

AWSを理解するにあたり、難しい専門用語も解説しているので参考にしてください。

AWS( AmazonWebService)とは

AWS(AmazonWebService)とは、以下2つの特徴を持つ世界で広く採用されているプラットフォームです。

  • 必要なサービスのみで無駄なコストがかからない
  • セキュリティが高い

世界のデータセンターから、「包括的なサービスを200以上」提供しています。

AWSの特徴は、「従量課金制で必要なサービスのみを選べること」です。

会社にとって必要なサービスのみを選択でき、コストを削減しながら適切な価格で利用できます。

また、セキュリティが高いことも強みです。

AWSは、元々Amazonが自社サーバーとして利用していたサービスです。

政府や金融機関などのセキュリティ要件やコンプライアンス基準」を満たしています。

100を超えるサービスでITインフラ基盤を整えられる

AWSなら、100を超えるサービスでITインフラ基盤が整えられます

またAWSは、自社で運用する「オンプレミス(物理サーバー)」と違い、クラウド上(インターネット経由)での提供です。

クラウドコンピューティングサービスであるAWSを利用すると、下記に挙げたオンプレミスのデメリットを解消できます

  • ソフトウェアやサーバーなどの高額な初期費用がかかる
  • 構築・保守・トラブル対応などを自社で行う

AWSなら、オンプレミスより低コストで構築や保守などを任せられます。

そのため、AWSにITインフラ基盤を任せる企業が増えてきました。

個人利用にも対応している

AWSは企業だけでなく、個人利用にも対応しています。

個人でアカウントを作成しても、法人とサービス内容の違いはありません。

しかし、「アカウント登録時に申し込むサポートプランは、個人向けと法人向けでサービス内容に違い」があります。

プラン 対象 主なサービス 利用料金
ベーシックプラン すべての人向け ・以下の利用のみ可能
リソースセンター/サービス状態ダッシュボード/製品FAQ/フォーラム/健全性のチェックのサポート
無料
デベロッパープラン 個人・学習向け ・メールでの問い合わせ
・技術サポートを受けられるユーザー数:1名
29ドル~
ビジネスプラン 法人利用向け ・電話・チャット・メールでの問い合わせ
・技術サポートを受けられるユーザー数:無制限
100ドル~
エンタープライズプラン 手厚いサポートを受けたい法人向け ・電話・チャット・メールでの問い合わせ
・技術サポートを受けられるユーザー数:無制限
・テクニカルアカウントマネージャー(TAM)の支援
15,000ドル~

個人利用の場合にはまずベーシックプランで申し込み、必要に応じてデベロッパープランに切り替えるとよいでしょう。

AWSで何ができる?

ここでは「具体的にAWSで何ができるのか」を、以下の例を挙げて解説します。

  • Webサイト運用サーバーの構築・保守
  • スマホアプリAPIサーバーの構築・保守
  • 経営戦略のためのビッグデータ蓄積・分析
  • システム開発用のサーバーを素早く準備できる
  • 動画・画像など重いデータ量のコンテンツ配信
  • AWSが管理するデータベースの利用
  • 画像認識などAI(機械学習)機能の利用
  • 高いセキュリティのネットワーク構成を構築

これらのサービスは、必要に応じて柔軟に組み合わせられます

AWSの強みを十分に発揮するためには、サービスの特徴を理解する必要があります。

AWSの具体的な7つのサービス例

AWSが提供する7つのサービスをそれぞれ解説します。

  1. AWS Lambda
  2. AWS CLI
  3. Amazon EC2
  4. Amazon CloudFront
  5. AWS CloudFormation
  6. Amazon CloudWatch
  7. Amazon RDS

①AWS Lambda

AWS Lambdaは、「サーバーの運用なしで任意のコードが実行できる環境を整える」サービスです。

何らかのイベントをトリガーにして、自動的にプログラムコードが実行されます。

  • 「Amazon S3」へのファイルアップロード時にファイル処理を実行
  • リアルタイムのストリーミングデータ処理
  • データベース内のデータ変更要求に対する検証やフィルタリング処理
  • IoT環境におけるバックエンド処理

これらの処理をサーバーレスで行えるため、物理サーバーでは必要だった運用・管理がいりません。

さらに、利用料金はシステムが作動した時間だけ課金されるので、コスト削減に繋がります。

②AWS CLI

AWS CLIは、「AWSサービスを管理するための統合ツール」です。

AWSの多種多様なサービスを統合・連携して、独自の業務フローを柔軟に構築できます。

さらにAWS CLIを使えば、何度も繰り返す作業をスクリプト化して業務を自動化できます。

業務の効率化に繋がるとともに、手作業によるヒューマンエラーも減らせるサービスです。

AWS CLIの利用が想定されるのは、主に下記のケースです。

  • 自分自身のパソコン以外からアクセスする
  • Amazon EC2のインスタンスから利用する

専用のAWS IAMユーザーでアクセスすれば、どの端末からでもAWSへログインできます。

また、IAMロールをAmazon EC2インスタンスに割り当てることで、IAMユーザーを使用せずにAWSにアクセスできます。

アクセスキーの管理が不要なので、セキュリティの安全性が高いです。

③Amazon EC2

Amazon EC2は、「インスタンス(AWSクラウド内にある仮想サーバー)単位でサーバー環境が構築できる」サービスです。下記のように、素早くサーバー環境を構築できます。

  • 構築にかかる時間が短い
  • 簡単に冗長化できる
  • スペック変更を柔軟に対応できる

EC2ならサーバーを用意せずに数分で構築できます。

トラブル対策の冗長化もインスタンスと組み合わせることにより、短時間で実現できるため簡単です。

さらに、運用を続ける中でデータ容量が不足した際には、画面上で設定すればハードディスクやメモリの増設ができます。

④Amazon CloudFront

Amazon CloudFrontは、「コンテンツ配信ネットワーク機能」です。

データ圧縮やエッジコンピューティング機能・フィードレベルの暗号化により、高速で安全なサイトを提供します。

利用方法は、主に以下の通りです。

  • 動的なコンテンツ配信
  • ライブおよびオンデマンドのビデオストリーミング
  • パッチやアップデートの配信

Amazon CloudFrontでは、ユーザーからのリクエストは最寄りのエッジサーバーが使用されます。

例えば、海外からのアクセスがあった場合にも、エッジサーバーを経由し、高速で安定したサービスを提供できます。

オリジンサーバー:オリジナルファイルが配置されているサーバー

エッジサーバー:世界中に設置されているネットワーク拠点を構成するサーバー

⑤AWS CloudFormation

AWS CloudFormationは、「AWS上の環境構築を自動化」できるサービスです。

リソースをコード化したテンプレートの作成により、スピード感のある環境構築ができます。

主な活用例は、下記の通りです。

  • 開発環境の構築
  • 同様の開発環境を短時間で構築

事前にテンプレートを作成しておけば、本番環境への移行が簡単です。

また、同じような開発環境を構築する際にも、テンプレートを使用してすぐに再現できるため、手間や時間がかかりません。

⑥Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatchは、「AWS上に構築したITインフラをモニタリング」できるサービスです。

主に、4つの機能があります。

機能 詳細
CloudWatch AWS上のリソースを監視する
リソースから様々なデータ取得が可能(CPU使用率の最大値・最小値・平均値など)
CloudWatch Logs すべてのシステムのログ収集・分析を行う
CloudWatch Logs Insightsを使えば可視化が可能
一定期間のログ保管ができてS3に映すことも可能
CloudWatch Alarm メトリクスやログを収集してアラートメールを通知する
AutoScalingと連動すれば一定の条件でサーバーの台数を自動的に増やす対応もできる
CloudWatch Events イベント・スケジュールベースで別のアクションを起こす
障害を検出した際にAutoScalingアクションを発動させれば自動復旧処理として利用できる

必要な機能を組み合わせれば、自社のITインフラを自動的かつ安定的に運用できます。

⑦Amazon RDS

Amazon RDSは、「AWS上で提供しているデータベースサービス」のことです。

通常のデータベースは、準備したサーバーにライセンスをインストールしないと利用できません。

しかし、RDSならサーバーの準備が不要で、構築後にすぐ利用できます。

RDSの主な機能は、以下の通りです。

機能 詳細
ソフトウェアの自動パッチ作業 ・プログラムの機能追加・修復などにおけるバージョンアップ作業
・自動バッチ作業によるデータベースソフトウェアの最適化
リードレプリカの作成 ・同じデータを複数存在させて安全性を高める
・データベースの負荷を分散させる
自動バックアップ ・保持期間内(最大5分前)の任意の時点に遡ってデータベースインスタンスを復元できる
暗号化 ・Amazon RDSのデータを安全に保管できる

RDSは、情報の統合性や管理効率化に優れているため、従業員リストや顧客リストなどのデータ管理に向いています。

AWSを利用する4つのメリット

AWSを利用するメリットは、下記の4つです。

  1. コストを削減できる
  2. 高いセキュリティを確保できる
  3. 柔軟性と拡張性でインフラ整備しやすい
  4. APIによるヒューマンエラーを回避できる

①コストを削減できる

AWSは、オンプレミスよりコストを削減できます

AWSの多くのサービスが「従量課金制」を採用していて、1秒単位で実際に使用した分の料金しか発生しません。

そのため、物理サーバーをレンタルして月額固定費を払うよりも安くなる場合が多いです。

また、自社サーバーを構築する場合には、下記の購入・導入費用が発生します。

  • サーバー
  • ネットワークルーター
  • ハードウェア機器

AWSなら、これらの費用を考える必要がないため、コストを抑えてサービスを利用できます。

②高いセキュリティを確保できる

AWSは、高いセキュリティが確保できる点も大きなメリットです。

セキュリティレベルは常に最新のものへ向上・更新されています。

つまり、「現時点で最高レベルのセキュリティ」を発揮できるように作られているのです。

事実、「最高水準のセキュリティ強度が求められる金融機関や政府機関」が、サーバーをAWS上に設置しています。

セキュリティの最新化はサービス側で処理するため、利用者の手間はかかりません。

何もしなくても高いセキュリティを確保できるのが、AWSのメリットです。

③柔軟性と拡張性でインフラ整備しやすい

AWSは、ITインフラ整備への柔軟性と拡張性が高いです

例えば、物理サーバーでITサービスを立ち上げた場合、企業の成長と共にITインフラの負荷が増加する可能性も考えられます。

これにより、データ容量が不足する・CPUの速度が追いつかないなどの要因から、サービスの処理が重くなるかもしれません。

一方、AWSならクラウド上で簡単に容量追加や性能向上を行えます。

さらに、AWSの柔軟性と拡張性は、「段階に合わせた最適なインフラ整備を可能」にするため、導入コストを最小限に抑えるというメリットも兼ね備えています。

④APIによるヒューマンエラーを回避できる

APIを使ったプログラマブルな操作によって、ヒューマンエラーを回避できます。

AWSは、GUI画面上で人がボタン操作してITインフラを注文するだけでなく、「APIで構築スクリプトによる各サービスの自動注文・設定」が行えます。
構築スクリプトの準備により作業を自動化でき、ヒューマンエラーを回避できるのがAWSの強みです。
迅速かつ正確にITインフラを構築できるでしょう。

AWSのデメリット

AWSを利用する前に、知っておきたいデメリットもあります。

  1. 機能が多すぎて初心者に向いていない
  2. クラウドサービスの知識・技術が求められる
  3. サーバー障害を加味した整備が求められる

①機能が多すぎて初心者に向いていない

AWSは機能が多すぎる故に、初心者には扱いにくい側面があります

100を超えるサービスでインフラ基盤が整えられる」という強みがあるためです。

多種多様なサービスが利用できるのは便利である反面、知識がないと「どのサービスを選べばいいのか」判断できません。

そのため、AWSの利便性を十分に活かすにはそれぞれのサービスで何ができるのかをしっかり理解する必要があります。

②クラウドサービスの知識・技術が求められる

AWSを運用する際には、クラウドサービスの知識・技術が求められます。

クラウドサービスの運用は、「物理サーバー運用とは異なる知識が必要」なためです。

クラウドサーバーの設計・構築スキルの他、AWSの各サービスに対する専門知識が求められます。

不足している部分は、情報収集をして知識を蓄えましょう。

③サーバー障害を加味した整備が求められる

AWSのITインフラにトラブルが起きるとサーバー障害を受けるため、リスク管理が求められます。
例えば、「ハードウェアやシステム構成などの予備を運用」して対策してください。
複数のリージョンを冗長化すれば、サーバー障害時の復旧がスムーズになります。

AWSの利用で知っておきたい用語

ここでは、AWSを利用する際に、知っておきたい用語をまとめます。

用語 意味
VPC ・ユーザー専用のプライベートなクラウド環境提供するサービス
・AWSでは必須のサービス
・最初に使うVPCはAWSが自動で用意してくれる
AZ(アベイラビリティゾーン) ・データセンターを指す言葉
・AWSは複数のAZにシステムが保管されている
Region(リージョン) ・データセンター群があるエリアのこと
・本来は「地域」「領域」という意味がある
Instance(インスタンス) ・AWSクラウド内にある仮想サーバーのこと
・RDSやEC2で構築された仮想サーバーをカウントする際の単位として用いる
サブネット ・1つの大きなネットワークを小さく分割して小規模なネットワークにしたもの
Amazon EBS ・Amazon Elastic Block Storeの略
・AWS上で操作できる仮想ディスクのこと
・サーバーインスタンスへの接続(アタッチ)・切断(デタッチ)ができる
IAM(アイアム) ・AWS Identity and Access Managementの略
・AWS上のサービスを利用するユーザーとアクセス権限を管理するシステム
・ユーザーの認証情報やAWSリソースを制御するための権限を集中管理できる
Amazon S3 ・Amazon Simple Storage Serviceの略
・Amazonが提供するストレージサービス
・保存できるデータ容量は無制限でコストパフォーマンスに優れている

まとめ

AWSは高いセキュリティを確保できるプラットフォームで、世界で広く採用されているサービスです。

自社のITインフラに必要なサービスだけを組み合わせることで、オンプレミスよりコストを削減できます。

一方、多種多様な機能を提供しているため、「必要なサービスの選択は初心者にとって難しい」でしょう。

記事を参考に知識を深めて、ITインフラ整備にAWSの導入を検討してください。