About Us
会社概要

Concrete

EXAMPLE

実例で詳しくみる

ここでは実際に行った開発プロジェクトの実例を元に、開発内容についてさらに詳しくご紹介させていただきます。

Example

小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システム

クライアント

全国規模のアルバム印刷を事業とした会社様

ご相談内容

お客様の事業として行っている小学校向けアルバム制作について、業務の生産性に課題を感じている。
全体的にミスなく作業効率を高められる様に、現状の課題を解決するためのシステム要求を現場の声を聞き出しながらまとめ、顧客向けアプリと社内向け管理システムを開発したい。
まずは、MVP(Minimum Viable Product)として、サービス運営上で最優先したい機能であるアルバム個人ページの写真選択機能に絞って第一段階を完成させ、その後システムの利用価値を高める機能を段階に分けて開発して欲しい。

ご予算

第1段階開発300万円、第2段階開発300万円
(全体の開発予算は800万円程度)

開発システム

1. アルバム個人ページ写真選択アプリ
2. アルバム個人ページ写真選択管理システム
3. アルバム個人ページ写真販売アプリ
4. アルバム個人ページ写真販売管理システム

詳細要求開発

資料1:確認事項回答フォームと確認事項管理表

詳細システム要求仕様を過不足なく十分にまとめていくため、確認事項や実現方法の選択肢の質問回答を繰り返し、詳細システム要求仕様を仕上げていきます。お客様にはリレイスからの確認事項をフォーム上で回答いただき、回答結果は裏で稼働するシステムにより確認事項管理表に反映されます。
確認事項管理表はオンライン上でGoogleスプレットシートを使い管理します。完了した質問は行の色を灰色に変えて消し込みを行っていきます。回答により追加で確認事項が発生した場合は、新しい確認事項回答フォームを起こします。このやりとりを何度か繰り返すことで、十分な内容の詳細要求仕様を完成させることが可能です。

詳細要求開発の資料例1
確認事項回答フォームと確認事項管理表の抜粋

資料2:タスク管理表

開発プロジェクトを進める上で、お客様にご準備頂く必要があるデータの作成などの作業をタスク管理表で管理します。開発管理用のポータルサイトから簡単に辿れる様にしておりますので、開発プロジェクトにおいていつまでに何を準備する必要があるかなどの、状況把握が明確にできます。タスク管理表自体はリレイスで更新しますので、お客様は、必要な資料をGoogle Driveの共有ドライブにアップロードしていただいた後、チャットにてご連絡をお願いしております。リレイスで内容を確認し、問題がなければタスク管理表の該当タスクの消し込みを行います。

詳細要求開発の資料例2
タスク管理表の抜粋

資料3:詳細システム要求の補足図解資料

詳細システム要求仕様を適切にまとめるために、システムが正しく価値を発揮する上で、重要な部分に関しては必要に応じて補足図解資料を作成します。図解資料にすることで、業務課題とその解決方法に対する要求分析が実際の業務でシステムを運用する上で、整合性が取れていることを確認します。
システム開発をご依頼いただいたお客様には、業務上の複雑な仕組みは、言葉だけで説明すると内容が曖昧となり、論理的に整理できていないことがある為、図解資料として、情報の関係性や流れを明確に表現しております。整合性が取れているかの確認や、冷静に整理すると不十分な点などが見つかりシステム開発前に修正できるので、助かっていると評価いただいております。

詳細要求開発の資料例3
詳細システム要求の補足図解資料の抜粋

製品開発

クローズドベータで得られた成果をもとに、システム完成まで継続的に開発を進めていきます。

新しい機能を追加開発する場合は、既存機能の応用を検証した上で、過不足ない機能を目指し段階的に開発を進めていきます。

クローズドベータ版開発

クローズドベータ版開発の段階では、システムの核心となる機能に限定し検証を行います。

必要最小限の機能と限られた人数で利用することにより、核心となる機能に対して検証やや軌道修正を行うことが可能となります。

PoC(概念検証)開発

PoC(Proof of Concept)とは、新システムのアイデアの実現は可能かを検証する工程のことです。

PoC開発の段階では、後の修正が難しい要素に対して、簡易的なデモ版を作り、システムのユーザー体験(UX)を試します。

開発管理専用のポータルサイト

リレイスではお客様との間で開発プロジェクトに関連する情報を一元化した管理するためのツールとして、開発管理用のポータルサイトを作成しご提供しております。

※画像は開発管理用のポータルサイトの一例です。

ウォーターフォール開発

上流の工程から下流の工程へ順にシステム開発をおこなっていくモデルのことです。
各工程を順を追って計画的に進めていくため、進捗状況の把握が容易になる、品質が担保しやすいといったメリットがあります。
スケージュール管理が必要となる大規模なシステム開発に向いている一方で、スピード感重視の新規事業にはあまり向いていません。

アジャイル開発

アジャイル(Agile)とは、直訳すると「素早い」「機敏な」と言う意味で、アジャイル開発とはスピード感のある開発方法を指します。
全体を作りながら随時変更や修正を加えていくのが特徴で、素早く成果物が欲しい場合や、要件定義が明確にできていないがとりあえず作ってみて随時修正をしたい場合に最適な開発方法です。