Philosophy(企業理念)

スマートな開発でビジネスの未来をつくる

3つの無駄を作らない開発

"予算の無駄遣い"、"時間の無駄遣い"、そして"無駄な機能の開発"。
私たちは、この3つの無駄をいかに無くしていくかを常に考えながらシステム開発を進めています。
「アレもコレもとりあえず全部」を実装したシステムは、会社にとって本当に必要でしょうか?
必要以上に多機能で高性能なシステムを作っても、それをユーザーが使いこなせなければ無用の長物と化してしまいます。
3つの無駄を省くことで、システムが過度に複雑化して今後の開発の負債となる問題を防ぐことができ、DX推進を加速させます。

作りすぎも不足もない、ちょうど良いさじ加減

リレイスでは、お客様のニーズとご予算を丁寧に聞き出した上で、お客様にとって本当に必要なシステムや最適な開発技術は何かを分析し、開発の優先順位を明確にします。
もしも、お客様のニーズに対してご予算や納期が合わない時には数段階に分けて開発プランを立てるなど、作りすぎも不足もない"ちょうど良いさじ加減"のシステムを提供するために、「できない」で終わらさず、限られた条件の中で「どうしたらできるか」を考え、最適なご提案をさせていただきます。

その際最も重要なことは、システムがどのような役割を果たせば十分かという結論を、ゴールとして最初に整理し共有することです。
開発プロジェクトには、様々な関係者が習熟度や理解度が異なる状態で関わるため、その場で思いついた割り込み意見や担当者間の立場の違う意見により、本当に必要かどうか、精査が不十分なままに要求仕様が膨らみがちです。
要求仕様が膨らむ際は、必要十分は何かを明らかにしたゴールを元に、ゴールを実現できる一番シンプルな解決策に整理し、調整できるかどうかが、失敗しないシステム開発の鍵となります。

議論や問題が起こりそうな要因に対して、リレイスが長年のシステム開発の知見から、能動的に先手を打って情報を整理することで、担当者様のシステム面の合意形成の成功をフォローします。

本当に役立つシステムを

お客さまにとって本当に役立つ使い勝手の良いシステムをご提供するために、リレイスでは開発プロジェクトを『PoC(概念検証)開発』、『クローズドベータ版開発』、『製品開発』の3段階に分けています。
一見、完成まで遠回りをしているような印象を抱かれるかもしれませんが、開発を段階に分けて検証、調整しながら行うことで、概念検証しないまま一気に開発をした際に発生しがちな、後で分かった軌道修正が難しい変更の大幅な時間・予算の無駄を最小限に防げると共に、実際に利用したユーザーの声を次段階の開発に取り入れることで、よりユーザー体験(UX)に優れた使い心地の良いシステムを生み出すことが可能です。

わたしたちリレイスは、システムへの適合性の歪みを解決しないままに発注通りの内容で開発し、今後のシステムの保守や改良が難しくなる、従来の受動的な「受託型」ではなく、お客さまの会社組織をデジタル変革するために、より良い方法を能動的かつ的確に提案する「伴走型」のIT企業として、近年、官民挙げた国策として推進されているDX(デジタルトランスフォーメーション)実現を図る企業様へのコンサルタント・プロジェクト管理・システム開発を総合的にサポートしていきます。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

近年、ITシステム開発は、決まりきったシステムの開発を行うのではなく、本当に役に立つシステムを実現させるために、DX(デジタルトランスフォーメーション)の考え方で行うことが求められています。

DXとは、デジタル技術を試行錯誤を重ねながら仕事に活用していく中で、業務そのものやビジネス、組織、社内風土を変革し、企業の競争上の優位性を確立しようとする動きのこと。言い換えると、単に表面的なITシステムを開発するだけでなく、業務の流れとITシステム活用が設計段階から一体として考えられており、本当に役立つシステムを元に業務・ビジネスを変革し生産性を向上させることです。

ITシステム投資を行い、確実に仕事の役に立つ生産性を向上させるシステムを実現させるためには、ITシステムの完成自体を目的とするのではなく、ITシステム活用は手段として位置づけ、達成するべき目的は『業務とIT活用が一体となった仕事の流れと働き方の変革』と定め遂行する必要があります。

「伴走型」IT企業として

『業務とIT活用が一体となった仕事の流れと働き方の変革』を実現するためには、システムの作り手であるIT企業がお客様の事業や業務の流れを事業者目線で理解し、図解で表したり、意見を交わしたりして相互認識を高める体制が必須となります。
しかし、ITシステム開発業だけを行なっているIT企業の場合、自社(IT専門業種)とお客様の企業(一般的な業種)との仕事の流れが大きく異なるために、業務と一体となったシステム活用を想像することが難しく、事業者目線に立った適切なシステムを開発することができないケースが多く見受けられます。

リレイスでは、ITシステム開発業とは別事業で長年、台湾や東南アジアを中心に機械類の貿易事業を行なっております。そのため、まず自身の貿易事業においてDXの考え方に基づき、社内で忌憚のない意見を交わし、ITシステム導入による恩恵と現状の業務継続の都合を天秤にかけて仮説検証し、ITエンジニアと事業担当者が連携しながら段階的にデジタル変革を実践してきました。
このように自社で提供する商品やサービスをまずは自身で実際に試し、改良や検証を行うドッグフーディングの考え方を元に能動的に改善を行っている実績があるため、経営者や事業者の目線に立った、本当に役に立つシステムを開発することができるのです。もちろん、ITシステム開発業自体も、DX推進として多種のITツールや自社独自のシステムを開発して、リモートでの生産性を向上させております。

日本のITシステム開発では、システムを作ったとしても開発を重ねる内に機能不全に陥り、その後十分に活用されずにビジネスが停滞してしまい、結局完成に至らなかったというケースが少なからず発生しています。
大きな原因としては、達成するべき仕事の価値を結論付けないままシステムを作り始め、場当たり的な調整をしたり機能の過不足の洗い出しが不十分で作り込みすぎてしまったりすることで、開発の手戻りや過度なシステムの複雑化が発生し、身動きが取れない状況となっていることが考えられます。
一方リレイスでは、実経験としてITを事業に活かす術や開発の流れを熟知しておりますので、労働集約的な既存の工数ではなく、問題解決という目的達成のために過不足のないちょうど良いさじ加減のシステムを開発し提供しています。
その結果、お客様と長期にわたり共に走り続ける「伴走型」のIT企業として多くのお客様から選ばれています。

3段階開発で最良なシステムを

IT投資が成功し、本当に役立つシステムを開発するためには、開発段階に応じた課題を明らかにし検証・解決していく必要があります。
そのため、わたしたちはシステムを検証なしに一気に制作してしまうのではなく、以下のように大きく3つの段階に分けて開発しています。

PoC(概念検証)開発のイメージ

PoC(概念検証)開発

PoC (Proof of Concept )とは、新規プロジェクトが仮説となるアイデアから現実的に実現可能かどうか、効果や技術的な観点から不確実な要素を検証する工程のことです。
PoC開発の段階では、本格的にシステム開発を進めると後戻りすることが難しい要素に対して、まずは修正を容易に行えるように最小限のデータ保存機能や細部の作り込みに留めたデモ版を作り、システムのユーザー体験(UX)を試します。
見込み顧客や社内へのプレゼン、デモ版試用の結果、ユーザーインタビューや利用データ分析等により、アイデアの仮説が予定通りの価値を生み出しているかを検証し、必要に応じて軌道修正を行います。
※ 小規模開発の場合は行わない場合もあります

クローズドベータ版開発のイメージ

クローズドベータ版開発

PoC開発で得られた成果を元に、クローズドベータ版として、限定されたユーザーの間で利用するシステムを開発します。
クローズドベータ版開発の段階では、認証・権限機能や、無くても業務を進められる副次的な機能などの実装は最小限に抑え、システムの核心となる機能の検証に注力します。
必要最小限の機能と限られた人数で利用することで、ユーザーから寄せられる意見がブレずに多くなりすぎず、システムの核心となる機能に対して検証や洗練をすることができ、システムの軌道修正も行いやすくなります。

製品開発のイメージ

製品開発

クローズドベータで得られた成果をもとに、製品に必要な内容を精査し、本格運用に向けて、システム完成まで継続的に開発を進めていきます。
新しい機能を追加開発する場合は、既存機能の応用で対応できないかなどをまず検証した上で機能を作りすぎないように注意しながら、DX推進としてITシステムの継続発展が機能不全と陥らないように段階的に開発を進めていきます。
製品開発段階によりシステムが完成した後も、お客様と共に歩むビジネスパートナーとして、事業発展に応じて継続的にシステムの改修、サポートさせていただきます。