Process(発注から納品までの流れ)

リレイスならご提案から開発、納品、アフターサポートに至るまで、お客様のニーズに合った開発プロジェクトをワンストップでお届け。

発注・プロトタイプ開発・システム開発・納品からなる工程は全14のステップに分かれており、
各ステップで解決するべき内容が明確なので、IT開発に詳しいお客様にも、詳しくないお客様にも、分かりやすくしっかりとしたシステム開発をご提供可能です。

役に立つかどうか定かでない曖昧なシステムを作るのではなく、開発のタネとなる資料から本当に役に立つシステムが実を結ぶために、
各ステップで必要な問いを立て、問題解決を行い、丁寧に開発のタネを育て、開発プロジェクトを成長させていきます。
お客様に安心してご依頼頂ける様に、各ステップの内容を詳細に記載しておりますので、実例とともにお確かめください。

発注・プロトタイプ開発・システム開発・納品からなる工程の全14ステップの図解

実際の開発事例を元に、発注から納品までの流れをご紹介いたします。

発注

開発プロジェクト開始までの発注の段階です。
お客様への要求聞き出しにより、基本システム要求を要点を捉えて素早くまとめあげることで、言いたいことを分かりやすく整理してくれると定評をいただいております。

1.お問い合わせ
お問い合わせのイメージ

ご相談・ご依頼は、ホームページのお問い合わせフォームを使ってお気軽にお問い合わせください。ご予算や希望納期、開発したいシステムのイメージ資料などがある場合はその旨もお伝えいただけると幸いです。お問い合わせ頂いてから、2営業日以内を目安に、担当者から折り返しメールにてご連絡をさせていただき、今後の提案・見積のための要求聞き出しを行う日程について、ご都合の良い候補日時を元に、日程調整致します。

お問い合わせフォームへ
2.要求聞き出し
要求聞き出しのイメージ

システム開発のタネとなる資料(企画書や新システム構成図案、業務改善案など)をお客様からお預かりした後、弊社の営業とエンジニアがお客様のご要望やご予算などの詳細について要求聞き出しを行った上、整理させていただき、段階的なシステム開発計画を提示します。タネとなる資料は、新システムの草案となる画面遷移図や企画書等はもちろんのこと、今現在業務で使用している紙の帳票やエクセルデータ等のサンプル、新システム化に向けて業務課題や業務フローの構想をまとめた手書きの資料や口頭での説明でもOKです。要求聞き出しはお電話または、Google Meetを使ったオンライン会議形式で、リモートにて対応させていただきますので、場所を選ばず全国どこからでもお気軽にご依頼頂けます。

要求聞き出しの実例を詳しく見る
3.提案・見積
提案・見積のイメージ

要求聞き出しにより整理しました情報を元に、開発規模によりますが1週間前後を目安に、ご要望の業務課題を解決するために最適なシステム内容や、お客様のご要望で重要な部分を分かりやすく図解にした資料、開発プロジェクトの大まかな作業工程計画を見積資料として、ご予算に応じた具体的なご提案・お見積もりを提示させていただきます。

 <見積時に弊社からご提示させていただく資料>
  ・基本システム要求確認とまとめ(議事録及びご提案内容を含みます)
  ・システム化に際し重要な機能の補足図解資料
  ・開発プロジェクト概算計画書(プロジェクトの大まかな作業工程表)
  ・開発プロジェクト御見積書

提案・見積の実例を詳しく見る
4.契約
契約のイメージ

ご提案した開発プロジェクトの内容と、御見積にご納得頂けましたら、予定納期とお支払い方法を決めた後、受注契約書と秘密保持契約書を取り交わします。 ここからお客様のご要望のシステムを実現させるための開発プロジェクトが始まります。契約が完了しましたら、お客様のご希望に応じてご挨拶と今後の開発の流れのご説明を兼ねて、開発プロジェクト責任者が一度お客様の元へご訪問させていただきます。

プロトタイプ開発

システムが果たすべき役割の結論である要求仕様を十分に仕上げるためのプロトタイプ開発の段階です。
この段階の出来栄え次第で、システム開発が成功するか失敗するかの明暗が別れ、リレイスが一番重視し得意とする段階です。

5.プロジェクト準備
プロジェクト準備のイメージ

開発プロジェクトを進めていくにあたって、各段階で必要な打ち合わせや、お客様に準備、確認頂く必要があるマスタデータや資料ファイルのやり取りをオンライン上でスピーディーに行うために、弊社ではGoogle社の提供する『Google Workspace(旧G Suite)』のDrive(データ共有)やDocs(ワープロ)、SpreadSheet(表計算)、Chat(チャット)、Meet(オンライン通話)等の機能を活用し、セキュリティを確保しながらお客様と円滑なやりとりを出来る仕組みを整えております。
※ 各種ツールの利用にはグーグルアカウントが必要となりますので、お持ちでないお客様には新規アカウントの取得をお願いしております。事情により取得できない場合はご相談頂ければ、代替手段をご用意いたします。
また、開発プロジェクトに関わる情報を一元化して、お客様にいつでもご確認いただける様に、お客様専用のポータルサイト(開発管理サイト)を作成しております。

プロジェクト準備の実例を詳しく見る
6.詳細要求開発
詳細要求開発のイメージ

ご要望に叶うシステム開発を確実に進める上で最も重要な詳細システム要求仕様を完成させるために、詳細要求開発を行います。 お見積もり時に整理しました要求聞き出しの内容を元に、システムが価値を発揮する上で本当に必要な機能を過不足なく明らかにするため、確認事項や実現方法の選択肢の質問回答を繰り返し、詳細システム要求仕様を完成させていきます。 お客様がやるべき事が明確でストレスなく回答できる様に、弊社の専用システムで、確認事項をWEB上のフォーム形式で答えやすい様にまとめておりますので、そちらへご回答いただき詳細システム要求仕様を更新していきます。 より正確に要求を明らかにするために、必要に応じて補足資料として図解資料や画面ワイヤフレームを作成します。 この工程を完成まで、数回繰り返すことで、課題を解決するためにシステムが発揮するべき価値の本質と、予算内で可能な候補にあるITシステム開発技術のどれを使って実現させるのが最適かという事が明確になり、次のステップで制作するプロトタイプ(試作品)がお客様の求めるイメージにぐっと近付きます。

詳細要求開発の実例を詳しく見る
7.プロトタイプ開発
プロトタイプ開発のイメージ

製品開発に移る前に、ステップ6で完成した詳細要求仕様の内容を元にプロトタイプを開発します。弊社では単に仕様書を文章でまとめるだけではなく、画面遷移付きのプロトタイプを使って詳細要求仕様を反映したシステムの仕上がりイメージをより具体的に確認いただくために、WEBデザインツールのFigmaを活用したプロトタイプを作成しております。どのボタンを押すとどの画面が開くのか、どうやって操作するのか、UI部品の使い勝手はどうかなど、書面だけではわかりにくい部分をデザイナーが画面デザインしたプロトタイプ内で確認していただきます。必要に応じて具体的な画面イメージを通して明らかになった詳細要求仕様の更新を行い、プロトタイプではUI部品の配置、画面文言などの修正点があれば素早く反映することができるので、後のシステム開発段階に生じる修正の手間とタイムロスを減らすことができます。システムで、高難易度の機能やプログラムライブラリの選定、外部サービスの連携等がある場合、システム開発段階の技術な懸念を減らすために、必要に応じて技術調査プログラムも合わせてを作成し、要求仕様に対する実用の範囲を検証します。

プロトタイプ開発の実例を詳しく見る
製品開発

エンジニアがシステムを開発していく製品開発の段階です。
日頃からアンテナを張ってIT開発技術の情報を更新、研究しておりますので、開発内容に最適なエンジニアを配備し、質の高いシステムに仕上げます。

8.システム設計・開発
システム設計・開発のイメージ

プロトタイプ開発の成果を元に、開発技術に精通したエンジニアがシステム設計としてシステム仕様書、システム構成図、データモデリング等を作成します。その後、開発環境のサーバーを構築し、システム設計通りに、プログラミング、コードマスタ作成、デバッグ等のシステム開発を進めます。システム開発はお客様の案件に最適な開発技術を持つエンジニアを選抜したチームで進めていきます。プロジェクトマネージャーが、チームのタスク管理を責任を持って管理しておりますので、開発が今どこまで進んでいるのかという進捗状況や、どのようなシステム設計になっているのかを確認できるシステム設計資料を、ステップ5で紹介したポータルサイトで随時更新いたします。開発の最新情報をいつでもご確認いただけるので、安心してお任せ頂けます。

9.中間確認
中間確認のイメージ

システム開発の節目節目で、開発状況と現状のシステムデモを報告致します。これにより、実際にシステム開発が進んでいることを確認出来るため、安心いただけます。システム開発上の問題は、ステップ7のプロトタイプ開発段階までに、およそ解消されている前提ですが、技術的な問題やシステム外の状況変化などで、開発中にお客様との確認、調整が必要な問題が生じた場合には、弊社からお客様へご連絡し、解決策のすり合わせを行ないます。解決策を確定後、ステップ7で作成したプロトタイプを更新し、再度お客様にご連絡した問題が解決できたことの確認を行っていただきます。また、中間確認をする上でシステムへの追加の付加価値開発のご要望が生まれた場合は、ステップ14の追加開発サービスの段階で対応できますので、初回開発で実用する上でのコアな機能を完成させ、追加開発でよりシステムを便利する機能の開発に対応する事が可能です。

10.開発テスト
開発テストのイメージ

システム開発が完了した後に、テストエンジニアがテスト設計を行い、開発したシステムに対して、テストデータを使った開発テストを行ないます。システムがシステム設計通りの仕様で、正しいデータに対しては正常動作し、間違ったデータに対してはそれ以上処理を行わない例外動作となり、システムを保護することを確認します。テストエンジニアのテスト操作と、プログラムと共に作成している自動テストコードを使って検証し、操作に対して想定していないエラーが発生しないことを全体的にチェックします。開発テスト中に想定していないエラーが発生した場合は、デバッグを行い、プログラムを修正します。開発テストの結果はテストレポートとして提出致します。

11.運用テスト
運用テスト

開発テストが完了した後に、検証用に本番環境に似せたステージング環境のサーバーにて、お客様に完成したシステムの運用テストを行っていただきます。システムの操作マニュアルを作成し、お客様にお送り致しますので、操作マニュアルを元に実際に操作していただき、要求仕様通りの価値を発揮するシステムとなっていること、システムを壊す想定していないエラーが発生しないことの最終チェックをしていただきます。

納品

システムの完成後、お客様に納品し、実務で利用頂く段階です。
リレイスではお客様との繋がりを大切にしておりますので、開発完了後も何かご用命ありましたらお気軽にご相談ください。

12.納品・検収
納品・検収のイメージ

製品開発段階が完了後、完成したシステムのプログラムコードやコードマスタ、システムで使用する画像等のリソースファイル、システム設計資料、テストレポート、システムの操作マニュアル等の開発プロジェクトの成果物を納品し、お客様に検収いただきます。継続してシステムの保守サービスをご希望のお客様は、検収後、弊社にてメンテナンスする本番環境サーバーでシステムを本番稼働させ、継続的にシステムを稼働させるためにサーバー保守契約へ移行します(ステップ13へ)。保守サービスをご希望でないお客様は検収頂いた後、一旦開発プロジェクトは終了しますが、追加開発のご要望やご相談がある際には、ステップ14の追加開発サービスをご利用ください。

13.保守サービス
保守サービスのイメージ

保守サービスにより、システムが継続的に安定して、本番稼働できるように、本番環境サーバーをメンテナンスし、業務で利用できる状態を保ちます。 本番環境サーバーの障害が発生した場合は速やかに復旧策を講じ、社会的なネットワークインフラ等のシステム外の障害などで、システムが中長期で利用できなくなる場合は、代替手段による、システム外の業務遂行を支援し、システム復旧後は、代替手段で作成した業務データをシステムに取り込むサポートを行います。サーバー管理、トラブル発生時のサポートなど、お気軽にご相談ください。
※ 保守サービス契約を結んでいただいたお客様のみ対象のサービスです。
※ システムに追加開発が必要になった際には、ステップ14へお進みください。

14.追加開発
要求聞き出しのイメージ

完成したシステムの機能をより高めるために、追加開発をご希望の際にはお気軽にご相談ください。追加開発プロジェクトとして、ステップ2の手順へ戻り、これまでの流れと同じ手順で要求聞き出しを行った後、ご提案、お見積もりを行わせていただきます。追加開発プロジェクトのサイクルを繰り返していくことでシステムが果たす価値がより一層高まり、お客様のビジネスの発展に合わせて、生産性を向上さていくことができます。既に一連の開発プロジェクトの流れをこなして体勢が整っておりますので、お客様の業務をITシステム面からよく理解しているパートナーとして、開発の話を進めるのも早く、より一層のシステム価値をもたらすご協力が可能です。