Process(発注から納品までの流れ)
Concrete Example(実例で詳しく見る)

ここでは実際に行った開発プロジェクトの実例を元に、開発内容についてさらに詳しくご紹介させていただきます。

Case 1
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システム
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システムの開発内容のイメージ
お客様
全国規模のアルバム印刷を事業とした会社様
ご相談内容
お客様の事業として行っている小学校向けアルバム制作について、業務の生産性に課題を感じている。全体的にミスなく作業効率を高められる様に、現状の課題を解決するためのシステム要求を現場の声を聞き出しながらまとめ、顧客向けアプリと社内向け管理システムを開発したい。まずは、MVP(Minimum Viable Product)として、サービス運営上で、最優先したい機能であるアルバム個人ページの写真選択機能に絞って第一段階を完成させ、その後システムの利用価値を高める機能を段階に分けて開発して欲しい。
ご予算
第1段階開発300万円、第2段階開発300万円
(全体の開発予算は800万円程度)
開発システム
  • 1. アルバム個人ページ写真選択アプリ
  • 2. アルバム個人ページ写真選択管理システム
  • 3. アルバム個人ページ写真販売アプリ
  • 4. アルバム個人ページ写真販売管理システム
2.要求聞き出し
お問い合わせフォームにて、開発プロジェクトのご相談を送って頂いた後、提案・見積のための基本システム要求聞き出しを行いました。
要求聞き出しは、電話またはGoogle Meetでのビデオ会議ツールを使って、オンライン形式で打ち合わせを行います。
今回は、お客様から開発したいシステムの手描きイメージ資料をご提示いただきましたので、それを元に新システム開発検討の経緯や現状の業務の問題点、新システムに求める業務改善点、参考とするシステムなど、基本システム要求をまとめるための内容と、開発プロジェクトのご予算、開発時期について聞き出しを行いました。
今回のケースではm要求聞き出しの起点となる、システム開発のタネ資料として手描きイメージ資料をご用意いただいておりますが、タネとなる資料は、新システムの草案となる企画書やシステム構成図、今現在業務で使用している紙の帳票やエクセルデータのサンプルなどお客様がご用意できるもので対応します。資料を用意するのが難しい場合は、要求聞き出し時に、口頭でお伝えいただく形でもこちらで一つ一つ整理していきますので大丈夫です。
打ち合わせ後、今回要求聞き出しした内容を持ち帰り、ご予算内でご要望の業務課題解決やサービス運営ができるシステムのための開発プロジェクト計画を整理し、提案・見積資料を作成していきます。
お客様ご提示資料の開発システムの画面遷移図(手描き)のサンプル

お客様ご提示資料例
開発システムの画面遷移図(手描き)

資料を詳しく見る