Process(発注から納品までの流れ)
Concrete Example(実例で詳しく見る)

ここでは実際に行った開発プロジェクトの実例を元に、開発内容についてさらに詳しくご紹介させていただきます。

Case 1
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システム
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システムの開発内容のイメージ
お客様
全国規模のアルバム印刷を事業とした会社様
ご相談内容
お客様の事業として行っている小学校向けアルバム制作について、業務の生産性に課題を感じている。全体的にミスなく作業効率を高められる様に、現状の課題を解決するためのシステム要求を現場の声を聞き出しながらまとめ、顧客向けアプリと社内向け管理システムを開発したい。まずは、MVP(Minimum Viable Product)として、サービス運営上で、最優先したい機能であるアルバム個人ページの写真選択機能に絞って第一段階を完成させ、その後システムの利用価値を高める機能を段階に分けて開発して欲しい。
ご予算
第1段階開発300万円、第2段階開発300万円
(全体の開発予算は800万円程度)
開発システム
  • 1. アルバム個人ページ写真選択アプリ
  • 2. アルバム個人ページ写真選択管理システム
  • 3. アルバム個人ページ写真販売アプリ
  • 4. アルバム個人ページ写真販売管理システム
6.詳細要求開発
ご要望に叶うシステム開発を確実に進める上で最も重要な詳細要求仕様を完成させるために、詳細要求開発を行います。 お見積もり時に整理しました要求聞き出しの内容を元に、システムが価値を発揮する上で本当に必要な機能を過不足なく明らかにするため、確認事項や実現方法の選択肢の質問回答を繰り返し、詳細要求仕様を完成させていきます。
リレイスでは、これまでの開発経験から、お客様がエクセルなどのローカルファイルの編集とメール送信によるデータの受け渡しに手間のかかるやりとりや、オンライン上であっても学習コストの高いITツールを使用する負担が”仕事のための仕事”となり、要求仕様を洗練させる上で障壁となることを認識し、お客様に作業いただく操作はオンライン上で、極力シンプルに済む様に仕組みを整えております。
確認事項回答フォームと確認事項管理表
詳細システム要求仕様を過不足なく十分にまとめていくため、確認事項や実現方法の選択肢の質問回答を繰り返し、詳細システム要求仕様を仕上げていきます。お客様にはリレイスからの確認事項をフォーム上で回答いただき、回答結果は裏で稼働するシステムにより確認事項管理表に反映されます。
確認事項回答フォーム上では、答えやすい様に、想定する回答例などを合わせて記載しますので、スムーズに回答を進めることが可能です。確認事項管理表はオンライン上の表計算ソフトであるGoogleスプレットシート上で管理し、完了した質問は行の色を灰色に変えて消し込みを行っていきます。回答により追加で明らかとなる確認事項が発生した場合は、新しい確認事項回答フォームを起こし、再びフィーム上で回答いただきます。このやりとりを何度か繰り返すことで、十分な内容の詳細要求仕様を完成させることが可能です。
今回のケースでは、システム開発が予定通り円滑に行える品質のシステム要求仕様作成は、システムを運用する事業の専門家と、システムを開発するITシステム開発の専門家が相互の知見に照らし合わせて確認しなければ、十分な内容に仕上げられないが、今までの開発ではなかなか回答を進められずに中途半端な内容となったり開発期間がずれ込んだりと困っていた。今回の開発ではシステム要求を仕上げるための確認事項を、非エンジニア目線で、答えやすく、把握しやすいやりとりで整えてもらえたので、システム要求をよく吟味して、修正が必要な箇所は適切な内容に修正できたので大変助かったと評価いただいております。
確認事項回答フォームと確認事項管理表のサンプル

詳細要求開発の資料例1
確認事項回答フォームと確認事項管理表の抜粋

タスク管理表
タスク管理表のサンプル

詳細要求開発の資料例2
タスク管理表の抜粋

開発プロジェクトを進める上で、お客様にご準備頂く必要があるデータの作成などの作業をタスク管理表で管理します。開発管理用のポータルサイトから簡単に辿れる様にしておりますので、開発プロジェクトにおいていつまでに何を準備する必要があるかなどの、状況把握が明確にできます。タスク管理表自体はリレイスで更新しますので、お客様は、必要な資料をGoogle Driveの共有ドライブにアップロードしていただいた後、チャットにてご連絡頂くだけで結構です。リレイスで内容を確認し、問題がなければタスク管理表の該当タスクの消し込みを行います。
システム開発をご依頼いただいたお客様には、作成した資料をブラウザ上で簡単にアップロードできる上、状況把握のためにタスク管理表を開く際は、開発管理用のポータルサイトさえ見れば、簡単に辿れるため分かりやすいと評価いただいております。各種ツールの使い方は開発マニュアルに図入りで解説しておりますので、容易に理解いただけます。
資料を詳しく見る
詳細システム要求の補足図解資料
詳細システム要求仕様を適切にまとめるために、システムが正しく価値を発揮する上で、重要な部分に関しては必要に応じて補足図解資料を作成します。図解資料にすることで、業務課題とその解決方法に対する要求分析が実際の業務でシステムを運用する上で、整合性が取れていることを確認します。
システム開発をご依頼いただいたお客様には、業務上の複雑な仕組みは、言葉だけで説明すると内容が曖昧となり、話している本人も論理的に整理できていないことがあるが、図解資料として、情報の関係性や流れを明確に表現してもらえると、整合性が取れているかの確認や、冷静に整理すると不十分な点などが見つかりシステム開発前に修正できるので、助かっていると評価いただいております。
詳細システム要求の補足図解資料のサンプル

詳細要求開発の資料例3
詳細システム要求の補足図解資料の抜粋

資料を詳しく見る