Process(発注から納品までの流れ)
Concrete Example(実例で詳しく見る)

ここでは実際に行った開発プロジェクトの実例を元に、開発内容についてさらに詳しくご紹介させていただきます。

Case 1
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システム
小学校向け卒業アルバム制作工程の業務改善システムの開発内容のイメージ
お客様
全国規模のアルバム印刷を事業とした会社様
ご相談内容
お客様の事業として行っている小学校向けアルバム制作について、業務の生産性に課題を感じている。全体的にミスなく作業効率を高められる様に、現状の課題を解決するためのシステム要求を現場の声を聞き出しながらまとめ、顧客向けアプリと社内向け管理システムを開発したい。まずは、MVP(Minimum Viable Product)として、サービス運営上で、最優先したい機能であるアルバム個人ページの写真選択機能に絞って第一段階を完成させ、その後システムの利用価値を高める機能を段階に分けて開発して欲しい。
ご予算
第1段階開発300万円、第2段階開発300万円
(全体の開発予算は800万円程度)
開発システム
  • 1. アルバム個人ページ写真選択アプリ
  • 2. アルバム個人ページ写真選択管理システム
  • 3. アルバム個人ページ写真販売アプリ
  • 4. アルバム個人ページ写真販売管理システム
7.プロトタイプ開発
製品開発に移る前に、システム設計の前提となる要素を過不足なく定義するために、詳細システム要求仕様を元にプロトタイプを開発します。システム開発に着手すると、各プラットフォームに合った複雑な画面構築プログラムをそれぞれ作成する必要があり修正工数が大きくなります。そのため、修正が容易なデザインツールのFigmaで画面遷移付きのプロトタイプを作成し、事前にシステム設計を確定する上での問題点を解決します。
プロトタイプ開発により、画面デザイン、業務操作の流れと対応画面及び画面遷移の整合性の確認、業務を遂行するために画面上に表示及び入力する必要がある業務データの整理、データベースで定義する必要がある内容の整理、データ連携やデータ作成など製品開発で行う必要がある作業の整理、UI部品の配置の操作性とわかりやすさの確認、画面に表示する文言の確認、システムに実装する機能の根拠となる詳細要求仕様が実際にシステムとして表した際に十分であるか等について検証及び調整し、必要に応じて、詳細システム要求仕様の更新を行います。
スマートフォン用の生徒の保護者向けアプリ
今回のケースでは、業務支援としてシステムが果たすべき役割である、生徒の保護者にアルバムの個人ページに対する写真を選択してもらう一連のやりとりをITシステム化した、 スマートフォン用アプリのプロトタイプを開発しました。
生徒の保護者をユーザーとするサービスの表側に提供するアプリなので、1ユーザーに対するわかりやすい操作導線と情報表示に整えています。
詳細要求開発で作成したワイヤフレームを元に、画面デザインを作成し当て嵌め、UI部品の配置や情報の強弱などの整理、データベースで定義する必要がある情報と画面の文言の情報の切り分け、メインビジュアルや個人情報取り扱いなどの今後準備する必要がある作業の整理、イベント情報や生徒情報など表側及び裏側で必要な業務を遂行するために必要なデータ構造の詳細定義、実際の画面デザインを通しての画面文言の調整などを行い、製品開発段階に移った際に、システムを実際に使用する上で、要求漏れや曖昧な内容の再定義による手戻りが発生しない様に、整理しました。
スマートフォン用の生徒の保護者向けアプリのサンプル

生徒の保護者向けアプリ例

2.資料を詳しく見る
PC用の部門スタッフ向けアルバム選択管理画面
PC用の部門スタッフ向けアルバム選択管理画面のサンプル

スタッフ向けアルバム選択管理画面例

今回のケースでは、スマートフォン用の生徒の保護者向けアプリで表示するイベントと、登録されたデータを事務局で管理するために、PC用の部門スタッフ向けアルバム選択管理画面のプロトタイプを開発しました。
スタッフが事務作業や手配を行うサービスの裏側の管理システムなので、業務遂行に必要なデータの取り扱い易さを重視し、検索機能や業務データの一覧表示など、サービスの表側のアプリとは設計思想が違う役割のシステムとなります。
詳細要求仕様で整理した、システムを使った業務の流れと分析を元に、必要な作業を行えるように画面デザインと画面遷移を作成し、スマートフォン用の生徒の保護者向けアプリと同じく、製品開発段階に移った際に、システムを実際に使用する上で、要求漏れや曖昧な内容の再定義による手戻りが発生しない様に、整理しました。
2.資料を詳しく見る