Promise(お客様とのお約束)

ご依頼いただいた案件をお客様のご要望とズレなく、スピーディーに“カタチ”にするために。
リレイスではシステム開発を進めていく上で、次の3つのご提供をお約束いたします。

  • 1. お客様のご予算やご要望を汲み取った上での最適なご提案
  • 2. 作業工程・スケジュールの透明性の確保
  • 3. 確かな設計力による利便性の高いシステム

01.Proposal(提案力)

Proposal(提案力)のイメージ
予算に合わせた最適なご提案を

リレイスでは、開発前に行うシステム要求の聞き出しと、お見積もりまでの工程をとても大切にしています。お客様のご要望をシステム要求として素早くまとめ、予算に合った開発技術を選定し、開発プロジェクト遂行することはリレイスの一番得意とするところです。

最初のお打ち合わせでは、システム要求を整理する上でタネとなる資料をお客様からお預かりし、資料をもとに、お客様のご要望や現状の業務課題、ご予算、開発予定時期などの詳細について聞き出しを行います。その後、お打ち合わせ内容を元に、システム要求を整理し、システム完成までの段階的な開発プロジェクト計画を提示します。

タネとなる資料は、新システムの草案となる画面遷移図や企画書等はもちろんのこと、今現在業務で使用している紙の帳票やエクセルデータ、旧システムの画面等のサンプル、新システム化に向けて業務課題や業務フローの構想をまとめた手書きの資料や口頭での説明でもOKです。

システム要求の聞き出しから整理した情報を元に、基本システム要求確認とまとめ、開発プロジェクト計画書、システム化に際し重要な機能の補足図解資料、開発プロジェクトのお見積書等をご提示させていただきます。

開発前の見積もり段階で、しっかりとお客様のご希望と、優先度の高い本質的な課題を解決できるシステム案を反映した提案をさせていただきますので、どうぞ、一度ご相談ください。

01.Transparency(透明性)

作業工程・スケジュールの透明性

『システム開発を依頼したけどメールのやりとりやバラバラのファイルの確認、編集作業が多く、どこに何があるか、どれが最新の情報なのか確認に手間取ってしまう…』、『ITや情報管理技術に詳しくないので、今何がどこまで進んでいるのか、何をする必要があるのかわかりにくい…』そんなお悩みを経験された方も多いのではないでしょうか?

リレイスでは、この問題をリモートワーク時代の生産性を高めるための重要な課題として捉えております。問題解決のためにこれまでの案件を元に問題点を徹底的に洗い出し、試行錯誤を重ね、独自に確立した専用システムにより開発プロジェクトの遂行を提供します。
リレイスでは、お客様にいつでも開発プロジェクトの最新状況をご確認いただける様に専用のポータルサイトをご用意し、開発プロジェクトに関連する情報を随時更新しながら一元管理しています。例えば作業の進捗状況や今後の打ち合わせ日程、打ち合わせの議事録、お客様に確認・更新頂く必要がある情報など開発を進める上で必要な情報をオンライン上で、まとめてご確認いただけるので、ご担当者様の負担がこれまでよりぐっと軽減し開発をスムーズに進行させることが可能になります。

また、打ち合わせに必要な情報のやり取りは、開発の流れに組み込んだ、Google社の提供する『Google Workspace(旧G Suite)』のDrive、Chat、Meet等やFigma社のFigma等のリモートワークに最適なツールを活用して情報共有するので、より快適でスピーディーに双方向な情報共有が可能となり、作業工程やスケジュールなども明確に把握することができます。

Transparency(透明性)のイメージ

01.Proposal(提案力)

Proposal(提案力)のイメージ
確かな設計力でより良いシステムを

リレイスでは、システム開発プロジェクトに関わる要求聞き出しから、プロジェクト管理、システム設計、デザイン、プログラム開発、テスト、サーバー保守、アフターサポートまでの全工程を、ワンストップかつスピード感を持って提供しています。システム開発を依頼したいものの、漠然とした開発イメージしかないお客様も、どうぞ私たちにお任せください。システム開発には課題がつきものですが、一つ一つ課題を整理して解決していき、必要な調整を根拠を持って行い、ご要望にかなうシステム完成まで責任を持って携わります。

また、システム要求の反映と仕上がりイメージをより具体的に体感していただくため、システム開発の前段階に、WEBデザインツールのFigmaを活用したプロトタイプを作成しご確認いただいております。どのボタンを押すとどの画面が開くのか、どうやって操作するのか、UI部品の使い勝手はどうかなど、書面だけではわかりにくい部分をデザイナーが画面デザインしたプロトタイプ内で確認していただき、UI部品の配置や画面文言などの修正点があれば素早く反映することができるので、後のシステム開発段階に生じる修正の手間とタイムロスを減らすことができます。